暮しの仮想通貨

暮しの仮想通貨

いっしょに考えましょう、仮想通貨の未来について!

仮想通貨と確定申告 正しい取引の記帳について考える その4

前々回の記事、くだもの屋さんで例えてみました。

 

理由は、やっぱり似てるからなんですよね。投資と商売って。

投資で生じた所得(税金計算の元になる利益)は、昨日引用した税理士の丸山様の記事の通り、

所得=売却金額ー取得費(譲渡費用を含む)

で表されます。

これって、商売での粗利(売上総利益)の計算と同じ。

粗利(売上総利益)=売上高ー売上原価

リンゴを10円で仕入れて20円で売った。これで粗利10円。

くだもの屋さんの場合はここからさらに人件費、光熱費、家賃などのさまざまな経費を引いて、所得(税金計算の元になる利益)を計算します。個人が投資を行なった場合の税金計算では、こういった経費を控除することができませんので、最初に紹介した式が所得を計算する式になります。

仮想通貨取引には経費もかかりますよね、電気代、ネット代、パソコン代、自宅の一部を取引するための事務所と考えればその面積分の家賃、情報収集代、交通費、忘れちゃいけないのが送金手数料など。これらを所得から控除したければ、個人事業を開業するか、法人設立する必要があります。

 

そんなわけで、僕は個人事業の開業届けを、来週税務署に提出することにしました。

個人事業開業にはメリット、デメリットがあります。個人事業主、いいかも!とお考えの方にはこちらの記事が参考になりますよ。

sidebusiness-recipe.com

 

脱線しました

仮想通貨取引とくだもの屋さんが似ている、という話でした。

利益を把握するには売却価格はもちろん、取得原価を知らなければならないからです。

取引する商品が多いことも似ています。商品の種類の多さときたら、仮想通貨はくだもの屋さん以上かもしれません。

ではくだもの屋さんはどうやって取得原価を計算しているんでしょう。

正解は、

 

「在庫管理ソフト」を使っている(笑)

 

きっと今時のくだもの屋さんならそうしているでしょう。

僕もそう思って最近はやりのクラウド会計ソフトに在庫管理機能がないか調べて見たんです。有名どころは「MFクラウド確定申告」「freee」ですが、利用料格安の定番アプリではやはり在庫管理機能はありませんでした(たぶん)。在庫管理機能のある販売系アプリだと安くても月額数千円はするんですよね。ちょっと二の足踏みます。

なので、少し手間はかかりますがExcelで代用することにします。

 

あと、もう一つの正解は、

売上原価 = 期首在庫 + 1年間の仕入合計 - 期末在庫

で求めている。売上原価は取得原価と考えてください。

一般の販売業ならみんなこの方法です。

ちなみに在庫管理ソフトを使っていたって、棚卸は絶対にやりますよ!人間が管理していれば、在庫差異は絶対に生じるものですから。ただ、商品の仕入単価をが変動せず、リンゴは常に安定して10円で仕入れることができれば、在庫管理ソフトがなくても棚卸をすることで簡単に売上原価が計算できてしまいます。

しかし仮想通貨では、仕入値が常に同じ、なんて夢のようですよ。BTCが常に10万円で仕入れられたらいきなり富豪の仲間入りです(笑)

 

仕入値の変動が激しい場合は、取引の都度コツコツ帳簿をつけて、最新の取得原価を計算してゆくしかありません。これを在庫管理ソフトがやってくれたら楽なんですけどね。Excelでやってゆきましょう。

仮想通貨と確定申告 正しい取引の記帳について考える その3

今日はアルト勢、下げてます。特にXEM。

BTCは連日あげてましたが、本日下げに転じました。

 

 神がかってますっ!

これからはあなたのポジショントーク、全力でフォローしますよ!ヨーロピアン様。

 

そんな1日ですが、本日もトレードなし。

とにかく最近の頭の中は、先日の記事のつづきどうしようで頭がいっぱいです。

今年はいっぱい利益が出る予定ですからね!ちゃんと利益計算して悔いなく確定申告できるようにしたい。

そんな折、優良記事を発見。

税理士の方の記事です。丸山様。

bitpress.jp

ざっくりいうと、もし投資をしている自分が死んじゃった場合、それを相続した親族が払うべき税金はどうやって計算するの?って問題について解説している記事なのですが、その中にもっそいぞっとする一文を発見。

相続税の計算における上場株式の評価額は、亡くなった日の終値です(原則)

上場株式は、ボラティリティが大きいので、亡くなった日だけではなく、一定の期間内で低い価格を選択することができます(例外)。

エグいっすね。

死んだ日の終値で評価額計算。

 

暴騰している日に死んだりしたら、家族から恨まれるよ!

 

一定期間内で低い価格を選択できるとあるので、逃げ道はあるようですが。

にしても確定益ではなく、評価益に対して課税されるというのはなんとも恐ろしい世界です。払うべき原資を手にしていませんからね。

 

死んだ後の話はさておき、この記事なにが優良かって、ポジションの取得原価がわからなかった場合について触れていることです。

先日の記事でも口を酸っぱくして言いました。もう一度言いますよ!

 

利益を知るためには、取得原価が必要!

 

あー、酸っぱい。 

そうなんですよ。利益計算には取得原価がマスト!

それを踏まえてのこの一文見てください。

所得税は、売却金額-取得費(譲渡費用を含む)で儲け(所得)を計算します。

「取得費」がわからないとどうなるのか。

上場株式だと売却金額の95%が儲け(所得)になります。「取得費」は、5%相当額です。
(参考:国税庁 https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1464.htm

きゃー!取得原価わかりません、ってなると、税務署は、「はい、わからないなら取得費5%ねっ。」っと来るんですよ!

恐っ。怖すぎ。ほとんどホラーだわっ。

 

「上場株式だと」とありますが、仮想通貨なら、ほんじゃ取得費50%ねっ、とか上場株式に比べて大甘になる理由が全くないですよね。おそらく同様に5%とされるんじゃないでしょうか。だとすると、取得原価を適正に把握する重要性、僕が思っていた以上ですよ。

 

というわけで、みなさんも一緒にビビっていただけましたでしょうか?

 

次回から適正な取得原価を把握するための具体的な記帳の方法を、すこしづつ解説していきたいと思っています。

仮想通貨と確定申告 正しい取引の記帳について考える その2

前回は記帳の重要性について書きました。

記帳の元となるのが、取引所からダウンロードできるCSV形式の取引履歴。

 

みんな大好きCoincheckやPoloniexなど、どの取引所も取引履歴をCSVにてダウンロードすることは簡単にできます。もちろんこれは必要。確定申告の際に、利益計算の裏付けになる資料として絶対に保管しておくべきです。

 

でもこれを取っておくだけではいかにも不十分。

だって取引の履歴が時系列にごちゃっと書いてあるだけでほとんど意味不明(泣)

特に販売所ではなく、取引所を利用して売買を行った時は、値動きの状況によっては1つの注文が細かく別れて約定します。それでも一瞬ですべての売買が成立する場合はまだいいのですが、指値しておいた注文が一部約定したのちに、他の取引を挟んで、その後残りが約定したりすると、もうカオス。

 

つまり時間が経ってから見てもどう言う意図で取引をしたのかさっぱりわからなくなるんです。しかも取引所ごとにCSVの書式がことなるので、単なるコピペではすべてを一つのファイルにまとめることができません。

なので、約定するたびにExcelを使って手入力。

取引のたびにポチポチ記帳をしていましたが、先日ふと気付きました。

 

これって、ちゃんと利益計算できるかなぁ。。

 

直接円で取引している時はまだいいんです。特にわけがわからなくなるのはBTCで取引している時。

正しく記帳していないと、ポジションの取得原価がさっぱりわからなくなります。

さて、先日の記事を振り返ります。

記帳の意義は、利益を把握するため。

でした。

その利益を計算するためには、ポジションの取得原価が必要になります。

 

利益とは

 

ここで利益について考えます。

くどいようですが、この辺はマナさんの記事がとても参考になりますよ。まずはご一読を。

bitcoiner.link

 

くだもの屋さんでたとえましょう。

例題1

10円でリンゴを仕入れて、100円で売ったら、利益はいくら?

はい利益は90円。超簡単。小学校低学年でも即回答できるでしょ。

でも仮想通貨取引で問題になるのが、「そのリンゴはいったいいくらで仕入れたのかが全然わからなくなるよ問題」です(笑)

では次の例題、

例題2

リンゴを10個、100円で仕入れました。

その後近所のくだもの屋さんで、リンゴ6個をバナナ3本と交換しました。

そのバナナを100円で1個売った時の利益っていくら?

ちょっとだけ計算がいやになりましたね。小学校低学年、計算できるかな?

バナナの利益は、バナナの取得原価がわからないと計算できないんですよね。

なので取引をたどります。

バナナ3本はリンゴ6個と交換しました。

なのでバナナ1本はリンゴ2個分。つまり、20円がバナナの取得原価。

これがわかると、 

20円でバナナを仕入れて、100円で売った時の利益はいくら?

という問題なります。

はい、こうなったら例題1と同じ。答えは80円。

 

ポジションの単価を記録しよう

 

例題2のおさらい。

商品の単価を示す時、

1バナナ@20円

のように@の右側に書くとします。

20円でバナナを仕入れて、100円で売った時の利益はいくら?

の計算は、

100円ー1バナナ@20円=80円

とします。

この計算で利益を求めるためには、一つ遡って1バナナ@20円を求めるための計算が必要になります。

その一つ前の取引は、

リンゴ6個をバナナ3本と交換しました。

でした。1リンゴ@10円ですから、

3バナナ@?=6リンゴ@10円

つまり、

バナナ3本=10円×リンゴ6個=60円

バナナ1本=60円÷バナナ3本=20円

こう計算することで、1バナナ@20円がもとめられました。

利益を出すまでにリンゴとバナナの物々交換を1回挟むと、一つ余分な計算をしなければなりません。

と言うことは、利益を出すまでに、間の物々交換が100回あったとしたら、100回の計算が必要になります!

 

さて、このくだもの屋さん。確定申告の時期を迎えました。

手元に現金もいっぱい残っているし、どうやらめでたく1年間でたくさん利益が出たようです。おかげで税金も収めることができますが、はたしていったいどのぐらい利益が出たのかさっぱりわかりません。

これでは収める税金がいくらなのか計算できずに困り果ててしまいました。

なにも記録していなかったわけではないのですが、記録をしていたのは、「バナナ3本はリンゴ6個と交換しました。」というような交換の履歴だけ。

 

バナナを売って得た利益を計算するためには、

1バナナ@?円

を求める必要があることはわかりました。

でも取引履歴を辿ると1バナナ売るまでに、物々交換を100回していました。

つまり、1バナナ@?円を求めるために、100回の計算をしなければなりません。

くだもの屋さんがこのことに気づいたのはなんと3月に入ってから。

確定申告の期限は3月15日!その後は途方に暮れる暇もなく、取引履歴とにらめっこしして、すべての商品の正しい仕入値を計算しましたとさ。。

とかなんとか。

 

人ごとではないですね。

こうならないためには、交換の度に、1バナナ@20円のように取得原価を計算して記録しておくことが必要です。

仮想通貨の取引も同じ。せっかくExcelを用いて記録してゆくならば、単なる売買の履歴だけでなく、そのポジションの取得原価を記録してゆくことが絶対に必要ですよ。

 3月になってから、取引所からダウンロードしたわけのわからない取引履歴のCSVを遡って計算してゆく状況なんて、想像しただけで悪夢。絶対にいやですね。。

 

今回のまとめ

利益を知るためには、取得原価が必要。
取引の度に、ポジションの取得原価を記帳する!

次回に続きます。

仮想通貨と確定申告 正しい取引の記帳について考える その1

f:id:NABlog:20170811072028p:plain

おなじみのマーケットキャップ。

8月1日以降、5月バブル相場の再現のような好況がつづいています。そして8月6日には、6月13日ごろのバブル相場ピークの規模を更新!

こういうときは精神的に余裕が出ますね。

 

Blockfoilioを何度チェックしても、保有資産が悲しい状況になっているときは「納税」について考える心の余裕なんてどこかに行ってしまいます。

相場に元気があって、心に余裕があるときこそ、来るべき「納税」に備えてちゃんと考えておきましょう。

 

さて、仮想通貨へは今年参入組の方、大変多いと思います。

かくゆう僕も参入開始は今年4月。なのでまだ仮想通貨取引による納税はまだ経験がありません。納税すなわち確定申告。確定申告には日々の備えが必要。備えあれば嬉しいな。違った、備えあれば憂いなし。

 

納税に対する考え方について、いつも参考にさせていただいているマナ様の記事が大変参考になりました。まだお読みでない方は、本日の記事をお読みになる前にぜひご一読ください。絶対にためになりますよ。

bitcoiner.link

 

マナ様の記事のとおり、仮想通貨の納税に関しては税務署により見解が異なるのが現状のようです。

また今年は4月1日に仮想通貨法(改正資金決済法)が施行されたり、7月1日より仮想通貨の取引について消費税が非課税になったりと、法規面での改正が相次ぎました。ということは、税務署の見解も昨年までとは大きく変わってくる可能性もあります。

bitcoinlab.jp

thefinance.jp

 

税率や利益に対する解釈など不透明な状況が今後もしばらく続きます。

というわけで僕たちが今取り組んでおくべきことは、その不透明な部分を予測することではなく、来るべき確定申告に備えて、取引を正しく記帳しておくこと。

 

本日は取引の正しい記帳について考えておきましょう。

 

記帳の意義

 

記帳の意義はズバリ、「利益を把握すること」。

所得税は「利益」に対してかかります。なので1年間の取引で得た「利益」が一体いくらなのか?を正しく把握できるようにしておくことがとても大切。来年の2月頃になって重い腰をあげても遅いんです。きっと1年分の取引を遡って正しい「利益」を計算するのなんて、途方にくれてしまいます。絶対に逃げ出したくなりますよ。えぇ、特に僕は。何の事はない、所得税減税のための確定申告だって、終わってみれば大したことない作業なのに、取り掛かるまではすっごく面倒で気が重くなるんです。

そうならないために、取引のたびに記帳をしておきます。

まずはじめに、本業があってサイドビジネスとしてビットコインなどの仮想通貨(暗号通貨)の取引をしているのであれば、仕訳け・記帳は必要無いそうです。

青色事業者で仮想通貨取引をした場合の確定申告記述方法

もちろん青色事業者や法人でなければ、記帳は義務ではありません。

しかしここで言う記帳とは税務署に提出するための複式簿記による記帳のこと。

税務署に提出するための複式簿記による記帳ではなくても、自分の利益を計算するためのメモ的な記帳は絶対に必要ですよ!

 

この記事は長くなりそうなので、何回かに分けて書くことにしましょう。

 

今回のまとめ

確定申告には、正しい利益の把握が必要。
記帳の意義は、正しく利益を把握するため。確定申告に備えて、記帳しておくことは絶対に必要!

次回に続きます。

Poloniexあるある 送金エラー、もう慣れっこになってる件

あ゛ーっ。。

またなのぉ。何度も送金先のアドレスを確認して、絶対に間違いない!、って確認してから送っているのに、やっぱり届かないんだよなぁ。

 

Poniexあるあるですよね。これ。サポートチケット何度取ったことか。

Poloniexサポートからの返信はあったりなかったりですが、大抵数日で着金してことなきを得るので、ちょっと慣れっこになっています。

しかし気になっていたDEG様の記事と同じ、ETH送信にてCompleteと表示されているのに着金しないトラブルが、まさに自分にも襲いかかりました。

www.bitcoin-trade.info

記事によると、51ETHが行方不明。当方は19.97ETHでDEG様よりは少ないですが、やはり大金。

DEG様はCompleteと表示されているが、Txidがpendingの状態で変化がないとのことですが、当方はCompleteかつTxidもしっかりと表示されています。

なのに届かない。。?

EtherscanでTxidを確認すると、

f:id:NABlog:20170803014941p:plain

となってしまうんです。はて、Txidが発行されているのにスキャンできない。どうして?

慣れっこなので、サポートチケットとりました。慣れぬ英語で。 

Hi.
はーい。
I send my ETH to my wallet a few hours ago.
2,3時間前にウォレットにETHを送ったんだよね。
The status showed "complete" immediatery, and Txid was issued.
ステータスはすぐに「Complete」になって、Txidが発行されたんだよ。
But the ballance of my wallet never changes for several hours so I tried to check Txid at Etherscan.
でもウォレットの残高が一向にかわんないの。んでEthrerスキャンでTxidをチェックして見たの。
Then the result was "Sorry, We are unable to locate the Transaction entry".
したら「ごめんね、そんな取引どこにもないよ。」だって!
It is strange that Txid is issued, but I can't confirm the transaction.
Txidが発行されたのに、取引が確認できないなんて不思議だよねー。
I need your help.
もーいや。早くなんとかして。

同類のサポートチケットの英文でお困りの方、よかったらコピペしてどうぞ。

っていうか、「Poloniexのサポートチケット例文集」とか作ったら需要ありそうな気がしてきました(笑)

さて送信完了。たまに数時間で返信あるんですけどね。今回は音沙汰なし。

 

「poloniex txid 届かない」でググって見たら、まさに同じケースでやられた方のブログが見つかりました!

www.hibineta.com

この方の顛末は、

知らぬ間にTxidが置き換わっていて6時間後に無事着金していた。

おお、神ブログ。おかげで希望がわいてきました!

仮想通貨、社会のインフラになるよう期待しているんですけどね。でもこの送信するたびにアドレス間違えてないか不安にかられるのと、実際送金エラー頻発するのだけはなんとか早期に改善してほしいです。いや、これ改善しないと絶対に普及しないよ。

しかも通常は、取引所のGOXリスクに備えて、ウォレットに保管!がセオリーですが、Poloniexに関して言えば、出金時が最大のリスクになっている(笑)いやいや、笑えないっす。まじで出金がこわいから、ごっそり置きっ放しになってます。少なくとも今回の送金が完了しないと、こわくて次の送金ができないです。

ちなみに当方は、12時間以上たっても音沙汰なし。。

DEG様と、僕のETHが無事着金しますように!

経過は、この記事を更新して必ずご報告します。

 

ご報告!

8月4日、15時20分ごろ、無事着金していましたー!

やっぱりまったく別のTxidに置き換わっていました。上のブログのひびねた様と同じ状況でした。こちらは解決まで丸2日ちょっとかかりました。

今回はPoloniexサポートからの返信は今の所ありません。きっとサポートチケットとってなくても自動的に解消してたっぽいですね。

送金トラブルのたびにやきもきしますが、だいたい数日で解決するので結局またPoloniexで取引しちゃうんですよね。うん、やっぱりPoloが好きなんです。

あとはDEG様のトラブル解消を、陰ながらお祈りしています。

BCC誕生! アルト上げ! が正解

8月1日、蓋を開ければタイトルの通り。

BCC誕生! アルト上げ! 

となりました。

僕がBTCを調達していたPoloniexのBCC取り扱いに対するスタンスは玉虫色。フォーク当日になっても具体的な発表なし。

なので8月1日午前にTrezorへ送信を試みましておりましたが、こちらが見事にPending。まずい、さてはフォーク当日ということもありすでに入出金停止になっているのでは?と焦りましたが、数時間後無事着金を確認。

よし、受け入れ態勢整った!あとは待つのみ!

BCC誕生!

注目のフォーク日時、21時20分。直前にBCCサイトを確認するとフォーク日時の欄の時刻が消えているのに爆笑!本当にフォークするのか?どこで確認するのか?相場はどうなるのか?ワクワク。

BTCBOXは22時からBCCの取引開始を公表していましたが、指定時刻の21時20分にフォークを確認する方法がわからない。TwitterとCoinCheckをにらめっこ。そして、

21時20分、BTC大きく下げ。

28万円ぐらいまで下げて反発、結局以後大きく下げることはありませんでした。

やっぱりみんなが意識している時刻には大きく動くもんですね。というかみなさん勇敢。せっかくBCCゲットのために買ったBTCも、まだBCC付与されているかわからない段階での売りです。

Twitterを見ていると、ほどなくして、

 

おお、1ブロック生成。

本当に生まれた!Happy Birthday BCC

ハッシュパワー弱々で、次のブロック何時間先かわかんないけど。BCC掘るマイナーが0にならなければ、なんとかこのまま維持されるはず。

8月2日20時現在、ViaBTCのプールで4ブロック掘っている。思ったより早い、のかな?

f:id:NABlog:20170802204028p:plain

 頑張って難易度調整まで持ちこたえて欲しい。

きになる価格は、

f:id:NABlog:20170802205955p:plain

Bittrexにて、なんと、一時約10.5万円まで高騰!(1BTC@300000JPYで換算)

そして20時現在約9万円。

ぜんぜんハッシュレート比になってない。

ご祝儀相場ですかね。大きく下げそうな予感大ですが、まだTrezorより取り出すこともできず、今日はこのまま様子見確定。Trezorのファームウェアは1.5.1にアップデートしましたが、まだBCC(TrezorではBCH)は表示されません。

 

アルト上げ!

そしてアルトくんたちが待っていましたとばかりににゅるにゅると反発開始。ここ数週間の雪辱を晴らすかのように上げました。

僕の予想では、フォーク直後BTCは大きく下げ、そしてアルトくんはまたもやつられてBTC以上に下げ。でしたが、これは完全にあてが外れました。

BTC下げない。そして、アルト上げ。

はい、これが結果。特にXEM、勢いがあります。

予想ははずれて完全にアルトに関しては出遅れましたが、大きなイベントを終えてなんだかすがすがしい。

あとは今後、動向を見てアルト買いのタイミングを伺います。

8月1日

ついに、8月1日。

 

ほんの数週間前までUASF始動の日として恐れられていたのに、打って変わって相場はお祭り騒ぎ。今日はビットコインハードフォークの日!午前6時現在で1BTC@2880USDT付近。6月11日の最高値に迫る勢い。

 

幸い昨日は仕事が休みだったので、Poloniexにて1日相場をチェック。BTCの買い場を探していました。しかしBCCゲッターたちの買い需要、想像していた通りというか、想像を超えてというか、とにかくBTCは高騰しすぎ。。さすがに追加購入はできないと判断。結局昨日は取引なしです。

  • 1BTC@2640USDT
  • 1BTC@2630USDT
  • 1BTC@2620USDT
  • 1BTC@2500USDT

なんとか合計4BTC手に入れました。PoloniexはBCC対応してないっぽい?のでTREZORへ送信。

 

アルトくんたちも予想通り、お値ごろラインを維持していましたが、悩んだ挙句に追加投資は見送りました。

Twitterなどで、諸先輩方の同行をうかがっていると、BCCゲットはあきらめて、アルト買というご意見が多いと感じましたが、その理由は、

「ハードフォーク完了後(もしくはハードフォーク空振り後)、BTCはかなり売られそう。」

というものでした。

たしかに、僕もそう感じています。ハードフォーク後にBTCを買いに行く理由はほとんどないですから。だとすれば売られる。

BTCが売られる。ならば、アルトくんたちはもっと売られる。

最近の市場の動向は一貫してこうでした。ほんと、かわいそうなぐらい売られました。悪いのはBTCなのに。そして、かたやBTCは最高値近辺まであげているんですからね。アルトくんたちは飛んだとばっちりです。

 

ということで、急激にBTCが下げる中、アルトくんたちが敢然とあげてゆく展開は想像できませんでした。というわけで僕の予想では、アルトくんもつられて下げる。ならば、もう少し下で待ってから迎えにゆこうという戦略です。

 

さて、本日21時20分、どう動き出すでしょう。

っていうか、フォーク日時指定で、ブロック指定ではないんですね。

 

JihanもViaBTCも他人事のようなスタンスだし、一体当事者は誰?という謎のハードフォーク。それでも市場はすっかりBCCに夢中。例のHPはなんだか冴えないし、やっつけで作った感がすごい。フォークしない可能性も相当に濃厚ですけど。

 

そして、PoloniexからTREZORへの送信、ずっとPending。やっぱり外に送信する人多いのね。お願い、21時20分までには届いてー。